学校には通常の授業と行事が存在します。
通常の授業では、教師が授業を行い生徒は受動的な立場にいると言えますが、
行事は生徒が主体の能動的な立場を取らねばなりません。
そこには人間関係や空気間を察する事が必要になってくるでしょう。
例えば、ウェルカムボードを作るとして一人が決めてそれに従うだけでは、授業と変わりません。
皆で相談し作成する事が望ましいです。
教師はこの行事こそ生徒を導く手腕を発揮する場所なのです。
人の悩みの8割は人間関係。
学校も例外ではありません。