卒業アルバムというと学校での思い出を写真と言う形で残してあるものです。
大切な思い出だからきちんと保管してある、きちんと製本されているものなので
捨てにくいなどといった理由で、基本的にはずっと手元に残してあるものとして
定着していると思います。
卒業アルバムを作る時期になると「自分の顔が気に入らない」という相談が増えてきます。
学生という期間は短いですが、その短い間に精神的にも肉体的にも
大きな変化を遂げる時期です。
学生メンタル的にもアルバムを見ると当時の嫌な思い出がぶり返してしまい
コンプレックスとなってしまうことが多くあります。
また、学生時代のコンプレックスはメンタルヘルスにも悪影響を与えることが多くあります。