陥没乳首で授乳が痛い!原因と痛みがあるときの対策方法

陥没乳首だと授乳ができない、そう思っている方は多いですが、陥没乳首でも普通に授乳をすることはできます。
しかし人によっては授乳だけで痛みを伴ってしまったり、上手くできずに悩んでしまうという人も多いです。
実際に赤ちゃんに母乳をあげている時は初めてのことだらけでどうしたら良いのか悩みも多く、上手くあげられなくて悲しい思いをすることも。
困った時にはミルクを使うのもおすすめですが、母乳で育てたいという人もいます。
そんな方に向けて、今回は赤ちゃんに授乳をする方法や乳首が痛い時の対策方法を紹介していきたいと思います。

マッサージでおっぱいを柔らかくしよう

実は赤ちゃんにとって吸いやすいのは柔らかいおっぱいと乳首になります。
固いと上手に吸えずにお母さんも痛いし、赤ちゃんのお腹いっぱいになれません。
でも現実的に考えるとおっぱいと乳首を柔らかくする方法なんてわからないですよね。
おっぱいと乳首を柔らかくするのはマッサージと搾乳が重要です。
陥没乳首は乳管の未発達が原因になります。
そのため乳頭を引っ張り出して、こよりを作るようにしてマッサージをしてあげると良いでしょう。
どうしても乳頭が出て来ないという人もいますが、そういった場合には吸引器を使って出すことをおすすめします。
痛い時には無理をしないようにしましょう。妊娠中に行うと子宮が収縮してしまい、早産になったりすることもあるため、助産師さんに相談しながら行うことをおすすめします。
授乳する前に搾乳をすることも重要です。おっぱいが張っている状態だとおっぱい全体が固くなっていて、上手く吸えなくなってしまいます。予め少しだけ搾乳しておくと柔らかくなりますよ。
どうしても吸われると痛いというのであれば、搾乳機で溜めた母乳を使うと楽に授乳をすることができます。
電動だと最初は痛いかもしれないため、手動から始めると自分に合わせて使うことができますよ。

乳首が痛い時には乳頭保護器を使おう

陥没乳首で授乳をする場合には赤ちゃんに乳首全体を口に含ませるようにして吸わせることが重要です。
先っぽだけを吸わせるとなかなか上手に吸うことができませんが、乳首全体を吸わせることによって赤ちゃんも飲みやすくなります。
それでも駄目だと思った時には乳頭保護器もおすすめです。
乳頭保護器は乳頭を保護する目的で使用するカバーになります。
そのまま授乳をすることもできて、安価なのになかなか便利な道具になります。
被せて使うだけで簡単に使えて便利ですよ。
乳首は誰にとっても繊細ですが、陥没乳首の方の場合には乳首が特に敏感です。
それを赤ちゃんに吸わせるとなると目に見えない小さな擦り傷ができたりして、授乳自体が苦痛になってしまう、ということも考えられます。そんな時にも乳頭保護器は便利に使用することができます。
ハードタイプとソフトタイプがあり、痛みが強く出てしまうのであればハードタイプの方がおすすめです。暫く使っていると、直接授乳ができるようになるという人もいるため、痛い時には素直に使いましょう。
乳首の大きさに合わないと意味がないため、自分の乳頭のサイズを一度調べてから購入するようにしましょう。

乳首のケアをしっかりしよう

陥没乳首は普段に強い刺激に晒されない分、繊細で痛みを感じやすいです。
特に授乳をしている時には特に刺激が多く傷付きやすくなります。それを防ぐためにも乳首のケアが必須なのです。
陥没乳首はその形状の特性上、垢や分泌物が溜まりやすい部分になります。 🙁 
お風呂上りに洗浄綿や綿棒を使って清潔に保つことが必要です。
汚れが溜まっていると雑菌が繁殖しやすくなり、乳腺炎を引き起こすことも。赤ちゃんが口に含む場所でもあるため、清潔に保つことが大事になります。
同時に保湿をすることも重要です。
授乳している間は赤ちゃんの唾液と母乳で皮脂が少なくなって乾燥しがちです。
乾燥するとより傷の修復にも時間がかかり、ダメージも大きくなります。
それを防ぐためにも保湿をすることをおすすめします。
お風呂上りに洗浄綿や綿棒を使って綺麗にした後、乳頭保護クリームや低刺激の保湿オイルを使うと良いでしょう。
乳頭保護クリームは赤ちゃんが口に入れても大丈夫な成分でできているため、安心して使用することができます。
こういった対策をするだけでも乳首の回復、ダメージ軽減に繋がります。大変かもしれませんが、毎日ケアするようにしましょう。

まとめ

陥没乳首手術をすることもできますが、妊娠中や出産後すぐには難しいです。するのであれば早めにする必要があります。元々陥没乳首は乳管の未発達が原因であるため、劇的に授乳しやすくなるという訳ではないのです。ある程度授乳しやすくなると思っておきましょう。
母乳で育てることも良いですが、必ずしも母乳で育てなければいけない!という訳ではありません。
どうしても辛い時にはミルクを使ったり、搾乳機を使って搾ってからあげても良いのです。
陥没乳首の方の場合には特に痛みが強く出やすいため、時に休めたりしながら授乳をするようにしましょう。

おすすめサイト
陥没乳首で授乳にお困りの方へ
安心安全の技術でサポート致します